ボーディングスクール協会(TABS)と加盟ボーディングスクールについて2010-03-05

TABSとは


TABSとはアメリカとカナダを中心(他スイス2校、イギリス1校、オーストリア1校、ヨルダン1校、タンザニア1校)とした総会員数293校のボーディングスクールの協会です。このNPO団体はボーディングスクールの健全な発展とマーケットの拡大を目指し、また寮生活という特性を持つボーディングスクールに関心をもつ人たちに適切な情報提供と広報活動を行うことをその目的としています。理事は現役のボーディングスクール関係者(校長、副校長、入試担当者など)で構成され、常勤のスタッフもほとんどがボーディングスクールでの実務経験者です。本部はアメリカのワシントン特別区におかれています。


Boarding School Directory


TABSが毎年編纂するTABS Boarding School Directoryは加盟校293校の主要データが合理的に網羅されていて、私たち教育コンサルタントにとっては欠かせません。30000箇所におよぶ学校、図書館、そしてボーディングスクールに興味をもつ家庭に配布されています。TABSのホームページには独自のボーディングスクール共通願書(common application forms)も掲載されており、加盟校の多くがその願書による出願を受け入れています。ボーディングスクールへの出願は複数校が常識ですから、TABSはボーディングスクールをめざす親御さんにとっては情報の宝庫といっても過言ではありません。ボーディングスクールへの留学を思い立ったら、TABSのホームページより情報を得てBoarding School Directoryを入手されることをお勧めします。


加盟校について


アメリカのボーディングスクールは全寮制へのこだわりはありません。ほとんどのボーディングスクールは通学学生がその受け入れ基準を満たす能力を持っていればオープンに受け入れています。ボーディングスクールという名称定義に寮生が何%以上という基準はありませんが、寮生活を中心としてあるいはそれに重きをおいて運営される学校の多くがTABSに加盟しています。加盟の学校は、州や地域の学校認可団体から認可を受けていることがその条件となりますから、TABSに加盟している学校の12年生を卒業すれば世界中の大学への受験資格は得られます。学校により大変まれですが、卒業証書(Diploma)と修了証書(Certificate)を区別するところがあります。この場合、修了証書をもって卒業と認めるかどうかは受験先の大学の判断となります。



TABSの加盟校の特徴を概説します。まず学校の目的とするところはCollege Preparatory、大学進学の準備をすることです。受け入れの学年は後期中等教育の9年生(日本の中学3年に相当)か12年生(高校3年生)の学校が主ですが、小学校からの一貫校や中学校までのJunior Boarding School(次項目参照)なども加盟しています。創立年を平均化すると20世紀はじめくらいとなるでしょう。学校の敷地面積はおおよそ150エーカー(縦横約775メートル四方)で1校あたりの平均学生数は300名弱です。学校全体に占める留学生の割合は平均で15%、寮生の割合は70%ほどです。1クラスの人数平均は12名、教師(カウンセラー・アドバイザーなどの職員を含む)対学生の割合は1対7くらいになります。大学院を修めた先生の数は高い学校で80%以上、低い学校でも50%を超えます。APクラス(優秀な学生が受けることが出来る通常のクラスよりも高等な学習内容のクラス)も1校平均13クラスとなっており、能力のある学生にはそれなりのクラスが与えられる一方で、LD、ADHD、ADDなど通常の学習に何らかの障害がある学生についても個別指導、専門指導を行う機能を持っているのがボーディングスクールの特徴といえます。もちろん、この特別指導の中にESLもあり、留学生専門の先生やシステムなど留学生の学習のため配慮がなされている学校も全体の70%に達しています。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)