FC2ブログ

アメリカボーディングスクール ♯1 夏休みの過ごし方2019-06-25

日本の中学、高校に比べるとアメリカのボーディングスクールはおおよそ倍の3か月間が夏休み期間となります。6月上旬から9月上旬までどのように過ごすかによって進学プランに大きく影響をすると思います。

最初にジュニアボーディングスクール、7年生から9年生の3年間の夏休みを考えてみます。

9年生の1月末日で次の段階の高校としてのボーディングスクールへの出願が締め切られます。ランク5のボーディングスクールへの入学を狙う場合は、下記の目標をそれまでに達成しなければなりません。

TOEFL:105点以上
SSAT:80パーセンタイル以上
GPA(学業成績0~4評価):3.5以上
スポーツ、音楽、芸術の分野で顕著な実績が2つ以上
独自の視点でのエッセイ作成

英語力をTOEFLで換算した場合、105点というのは、日本やアメリカの難関大学が要求する点数と変わりません。すなわち、TOEFLの点数では、合否を決めることは到底できません。同様に、SSATというアメリカ人のための英語力と数学力の学力を判定するテストの点もTOEFL同様、合否を決定する決め手にはなりません。しかしながら、TOEFLが100点以下であるとテンスクールズへの入学には英語力不足と判定されてしまうことでしょう。

TOEFL、SSATでの高得点は、単語力と英語構造の理解が必須となります。日本の受験であれば、英語での高得点は合格の有力な手掛かりとなり得ますが、ボーディングスクール受験においては、そうではないことは前述のとおりです。故に、9月から5月までの学校での学習においては、その対策に学校が力を注ぐことはあり得ず、夏休み中に英語力を補うための暗記中心、学習量の多さがそのまま結果に結びつくような勉強をしないことには、簡単にはTOEFLの点数を上げることはできないのが現実です。

幸いなことにジュニアボーディングスクールでの生活は単調ではなく、勉強のみならず、スポーツ、音楽、芸術に加えて、生徒の興味や趣味を生かした学びも可能なため日本人留学生の学校への順応性と定着力はとても高いものとなります。そのプラスの流れを止めずに夏休みだからできる単調な勉強にも集中できる意識を彼らに持たせることがとても重要に思います。
つづく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)