FC2ブログ

ボーディングスクール―9月以外の入学2019-02-05

北半球、英語圏のボーディングスクール、その新学期は9月上旬に始まります。日本では夏休みが8月末で終わりますが、その時期がアメリカ、カナダ、イギリス、スイス、そしておおよそのインターナショナルスクールの新学期がスタートします。
アメリカのボーディングスクールに限って言えば、ランク5と4のボーディングスクールは3月10日の合格発表から一ヵ月後の登録締め切りまでに寮の空きが埋まるために2次募集は期待できませんが、ランク3のボーディングスクールについては、寮の定員が3月10日の合格発表以降でも継続して生徒募集が行われているのが現実です。

ランク5のテンスクールズに関しては、9月から12月の前期(1st semester)終了後、追加募集は期待できませんが、ランク4以下の学校では、若干の退学者もあるので、後期(1月から5月)を目指して追加募集が行われることが多々あります。もちろん、ウェブで追加募集が公表されることは稀で、その情報はコンサルタントなどに限定してもたらされます。

そのニーズに答えるだけのネットワークと適切な生徒を推薦できるかどうかがコンサルタントの技量ですが、現実的には個別のボーディングスクールの中途入学のニーズに即答えられるコンサルタントは世界のなかでもそれほど多くはないと思います。

自身の経験からしても、年末年始に親しいアドミッションスタッフから、生徒の追加募集の案内を受けることはありますが、すべてに的確に答えられ、応じられるわけではありません。むしろ、こちらからあたりをつけて、そのニーズが出た場合、発信するほうが効率的と言えます。

日本の場合、3月の半ばで学年が終了するわけですが、4月から5月末までの時期、ジュニアボーディングスクールやランク3のボーディングスクールであれば、寮の空きがあれば、2か月あまりの期間でも受け入れられる場合があります。もちろん、この時期、単位を取得する目的ではなく、あくまでも9月からの新学期の生活に慣れるためのトレーニングセッションです。
英語に慣れるために、午後3時ころまでの学習だけでなく、放課後のスポーツ活動への参加や週末の寮生のための活動など、本人のやる気があれば、この2か月余りのチャレンジはとても有意義な機関となるでしょう。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)