FC2ブログ

日曜コラム 人生リバウンド2018-07-08

やりたいと思いつつも何等かの理由でできなかった、
しかし、その思いはいつもこころにくすぶっていて、
ちょっとした刺激あるいは、勇気があれば、それを実行することができると、
思ったことはありませんか。

スポーツ、音楽、芸術、あるいは様々な趣味など、
ボーディングスクールの世界では、寮生活をしている生徒に
新たな取り組みを奨励し、チャレンジさせることを彼らは美徳とも考えています。

ボーディングスクールに限らず、こころに秘めていたことを
リバウンド的に実行してみることも、
人生においてあっていいことのように思います。

私事にわたり恐縮ですが、私のリバウンドは「モーターサイクル」でした。
大学生になり、友達はおおよそバイクから車へと乗り物を変えていくなか、
私は周囲より2-3年遅れて、バイクに興味を持ちました。
大学時代、1000キロを超える単独バイクツーリングによく出かけました。

サンフランシスコへの2年間の留学中も私の「足」は車ではなく
ホンダの450CC、アップマフラーのストリートスクランブラ―でした。
10代の最後期から20代の前期、私にとってバイクはとても身近であり、
留学時代は必須の交通手段でした。

20代の後期、結婚によりバイクは家内の
「危ないから」というひとことで、封印されました。

それから、瞬く間に四半世紀以上の時が流れました。
二人の息子は成人し、家内のバイクは危ないという
観念にも変化が起こりました。
そして、私のこころの片隅で、時にチョロチョロとくすぶっていた
モーターサイクルへの火が燃え始めました。

「人生リバウンドとは大業な」と思われるかも知れませんが、
モーターサイクルの復活は、自身のなかでは、先週の日曜コラム、
スポーツリバウンドと同じように捉えています。

思っていることは、かならず実現できると信じて、
生きるほうが楽しいし、元気ももらえるように思います。
「バイクは危ない」ということへの解決策として、
思い切り走る場を探してみると、極めて身近なところに、
一般の人でも走れるロードレース場がありました。
公道で転倒すれば、確かに危ないこと極まりないですが、
レース場であれば、コーナーで転倒しても、命を奪われる危険性は、
極めて少ないと思います。

人生のリバウンド、大袈裟な表現ですが、
私にとっては、とても深い意味を持つ言葉になっています。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)