Harvey Mudd College、Pomona College, Pitzer College訪問2018-07-04

アメリカ、東海岸、ボストンから六時間ほどのフライトでロサンゼルスに飛びました。空港から40マイルほど東の内陸部に入ったところ、クレアモントに表題の大学3校があります。
ポモナカレッジ(学生数1,668名)、ピッツァ―カレッジ(学生数1,100名)は典型的なリベラルアーツの大学ですが、ハービーマッドカレッジ(学生数800名)は理科系に特化した極めて小規模な大学です。

ポモナカレッジのプロファイル(学校案内)にとても興味深いデータがあったのでご紹介させていただきます。

在学2年目以降の学生数: 1,134
海外で学ぶ学生数:   94
学校外インターン学生数   7
転入学生数       22
新入生   411

100名ほどの学生がこの学校に在籍しながら、大学外で学んでいます。おそらく、アメリカのリベラルアーツ系の大学は、おおよそ同様の傾向が見られるように思います。
今回訪問した大学は、いずれも学校案内においては、海外や自校以外で学ぶことを積極的に奨励していました。マサチューセッツ州、アムハーストの5大学連合や、標題の大学に2校を加えた大学群、ポモナカレッジズは、どの大学に所属していても他校での単位取得を可能にしています。
具体的には、大学間移動の時間的な制約があるので、学校生活の日常では、自校と同じように科目を履修することはできないでしょうが、自校では学べないが魅力のある科目を4校の大学群から探すことは有効な学習方法になると思います。

例えば、大学の規模としては、少人数で教授からの指導を十分に受けられる大学で学び、自分が特化してより追求したい専門的な科目を他の規模の大きな大学に求めることも可能です。

ハービーマッドカレッジのプロファイルを見ると、卒業生のうち、58%が就職、28%が大学院などへの進学、その他の14%がインターン、ギャップイヤー(1年間の自由活動)などとなっています。
就職した学生の平均年俸が87,500ドルとあったのは驚き以外のなにものでもありません。1ドル110円と考えれば、日本円で一千万円弱の金額です。

アメリカ、リベラルアーツ系大学の底力は、そこで学ぶ学生たちをやる気にさせたり、将来のゴールを鮮明にさせてそれに向けて努力させたりするための人材と時間を惜しみなく提供するところにあるのではないかと私は思っています。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)