FC2ブログ

UMass Amherst訪問2018-06-22

今回訪問したアメリカ、マサチューセッツ州の大学5校(Williams Collegeは次回以降のブログで紹介させていただきます)のうちの4校は、隣接している大学でこの4校に加えてHampshire Collegeの5校はいずれの大学に入学しても、他校での単位取得が可能です。それぞれの大学を結ぶシャトルバスが稼働しています。

この5校のなかで唯一の州立大学がUniversity of Massachusetts Amherst校です。総学生数は28,635人、創立年は1863年です。このマサチューセッツ州を代表する総合大学の専攻ですか、下記の分野があります。
農学
資源・自然保護学
建築学
民族・文化・ジェンダー研究
コミュニケーション学
コンピュータ
教育学
工学(総合)
外国語・文学・言語学
栄養学・消費科学・家族学
法律学
英語・英文学
一般教養(リベラルアーツ)
生命科学
数学・統計学
公園学・レジャー学・フィットネス学
哲学・宗教学
物理科学
心理学
社会科学
海洋学
芸術・音楽・演劇
健康・臨床科学
経営学・マーケッティング
歴史学

それぞれの学部はさらに専門化されています。その数はゆうに100を超えますから、18歳でこれだけ広い分野のなかから自分の将来に向けて、社会に出るために何を学習するかを決めることは容易なことではありません。
更には、州立の総合大学はアメリカ50州にあるわけですから、それらの大学を偏差値による入学難易度で比較することは、広大なアメリカにおいては現実的ではありません。

この大学を独立して機能させるよりも、Amherst College、Mount Holyoke College、Hampshire College、Smith Collegeのリベラルアーツ大学で学ぶ2000名前後の学生により多くの学習、研究機会を提供し、更には、大学院レベルの学習を可能にするようなチャンスを与えることで高等教育がとても有効に機能するのではないかと思います。

さて、この大学を訪問して困ったのは、余りにも広すぎて何をどのように見学し情報収集をするかということです。そこで訪れたのがVisitor Centerと呼ばれる学校訪問者のための総合案内施設です。
その独立した建物には常時、学生ガイドが訪問者に親切丁寧に対応してくれます。いきなりの訪問に対しても、その日のツアーと学校案内セッションのスケジュールのアドバイスとそれらに参加するための簡単な手続き方法を教えてくれます。

それまで訪問してきたリベラルアーツ大学の10倍以上の規模のUMass Amherstですが、学校訪問ツアーと学校案内、2時間で終了することができました。
つづく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)