FC2ブログ

日曜コラム 変わりつつあるアメリカの国際空港2018-06-10

シカゴ空港の国際線、第5ターミナルの入国審査(イミグレ:イミグレーション)が劇的に変わりつつあります。午後の国際線集中によるイミグレの激しい混雑がこの世界有数の国際空港を変化させたと思います。

第一に、入国審査の一部が人でなく機械化されました。以前にもブログで紹介しましたが、入国審査の機械化により、入国審査官の作業が激減したので、飛行機到着からイミグレ通過までの時間が1時間以上短縮されたように思います。
3月にアメリカ訪問した時は、預けて荷物のない人(主にフライトクルー用)のための入国審査セクションがあったのですが、今回はそのセクションは閉鎖されていました。
また、入国審査に関しては、アメリカ人と外国人の区別もなくなりました。入国審査の電子化によって、迅速な入国が出来ることのイミグレの自信が感じられます。

第二に、入国審査のブースが倍増されました。以前イミグレは一か所だったように思うのですが、今回はもう一つ、イミグレが増設されていました。もしかすると以前から、その場所はあったのでしょうが、人員の問題で機能していなかったのだと思います。
イミグレの機械化によって、人員の投入時間がかなり短くなったので、人のやりくりもうまくゆき始めているのではないでしょうか。

今回のイミグレ通過時間は、機械入力(もちろん日本語の選択も可能です)に5分程、入力処理されたカードを持って、人による入国審査待ちが25分ほど、その後の荷物確認に10分ほどで、出口を通過することができました。

今日は、第一から第五ターミナルを結ぶ無人シャトルは動いていませんでした。おそらく、ターミナル間の人の移動手段もアップグレードされることでしょう。

イミグレの電子化はアメリカの国際空港ではこれからも進化し続けると思います。もちろん、すべてを機械に任せることはできませんが、人と機械の役割分担がアメリカのイミグレではうまく機能しているように思います。

東京オリンピックに向けて日本でもイミグレの電子化はぜひ行ってほしいと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)