FC2ブログ

#2 ジュニアボーディングスクール生の進学先2018-05-02

<昨日のブログに続きます>
Fessenden School、2016年の進学先リストのうち、9年生と8年生の進学先について、その傾向を考えてみます。下記に再度、進学先リストを掲載します。
9th GRADE
Beaver Country Day School
★Berkshire School
☆Brewster Academy
★Brooks School
Cambridge Rindge and Latin School
★★Deerfield Academy
★Kent School Lawrence Academy (3)
Lexington High School
★Middlesex School (3)
★Milton Academy (2)
Noble & Greenough School(2)
★Northfield Mount Hermon School
★★Phillips Academy (Andover)
★★Phillips Exeter Academy (3)
Regis High School
Returning Home (5)
★St. Mark's School (3)
★★St. Paul's School(2)
St. Sebastian's School
★Suffield Academy
★★Hotchkiss School
★★Loomis Chaffee School (3)
Newman School
Rivers School
Westminster School (2)

8th GRADE
Arlington High School
Beaver Country Day School (3)
Belmont High School
Belmont Hill School(2)
☆Brewster Academy
★Brooks School
Buckingham, Browne & Nichols School
Commonwealth School
☆Concord Academy (3)
★★Deerfield Academy
Dexter Southfield Friends Academy (NY)
★Groton School(2)
★Milton Academy
Needham High School
Neurton North High School (2)
Neurton South High School (2)
Noble & Greenough School (2)
★★Phillips Academy (Andover)
Returning Home (5)
★St. Mark's School (2)
★★St. Paul's School
Rivers School (2)
Wellesley High School
Weston High School
Xavierian Brothers High School

このリストで分かることは、進学した生徒数は8年生と9年生でほぼ同数ですが、8年生はTABS系でない通いの学校が多いのに対して、9年生では進学先は8年生と正反対にTABS加盟のボーディングスクールが多数を占めていることです。

留学生の進学はボーディングスクールにほぼ決まっていますから、このリストから読み取れることは、留学生は8年生で進学する人は少なく、ほぼ9年生を終えてからボーディングスクールに入学しているということです。

上記リストで見る限り、ランク3のボーディングスクール(ESLがある学校)への進学者は1名のみでそれ以外のボーディングスクールはランク4、ランク5の学校です。もちろんこれらの学校に進学する生徒は留学生のみではありませんが、Fessenden Schoolの留学生はおおよそが現地生徒と同等ともいえる英語力を獲得して進学していることが解ります。

中学校ないしは小学校の6年生からジュニアボーディングスクールに入学するメリットは高校としてのボーディングスクールの選択肢を大きく広げることにあります。もちろん、高校から大学への進学にも英語力にハンディがないことはとても有利に留学生の進学を作用することになります。
(連休明けに)つづく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)