FC2ブログ

#1 自力で学校を訪問するために2018-04-18

ボーディングスクールに我が子を留学させているあるお母さんは、学校訪問の段取りをすべて自分で行うまでに3年かかったそうです。

その期間を1年くらいに短縮するために自力で学校を訪問するノウハウについて考えてみたいと思います。自力手配の基本は、ネット活用と訪問ルートを固定して、自分の馴染みを多く作ることにあると思います。

航空券の予約は、日系、外資系に関わらず、ネットで予約、クレジットカードで支払いができます。スターアライアンス系(全日空)とワンワールド系(日航)のいずれかを利用することでラウンジの使用や座席にアップグレード、優先搭乗などの特典を受けることができます。
両方を使い分けるよりも一方を使った方が特典獲得のためのマイレージが早くたまります。
予約に関しては、ネットだけでなく、電話でもできます。乗継便情報などを新設にアドバイスしてくれます。特に、シカゴ、JFKなど、たくさんの国際線が乗り入れる大空港は、到着便によっては、入国審査に大きな列ができます。それらの情報を把握していないと乗り継ぎが円滑に行えない場合もありますので、乗り継ぎのあるフライト予約は専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

余談ですが、ネットの発達によって、航空券購入が飛行機会社から直接ということが一般に広く普及しました。それにともなって旅行会社の役割も大きく変化しました。
自力でネット予約する価格と旅行会社を通して行う予約の価格差は5400円というのが一般的なようです。この手数料の意味は、ある程度の融通が利くことです。たとえば、渡航日が確定できずに、とりあえず暫定日に飛行機の席をおさえておきたいような場合は、エージェントさんの腕の見せ所といえるでしょう。ネット予約では暫定で取っておくという融通はききません。そのような手間をかけなければいけない場合や、乗り継ぎ時間の取り方など、旅行のコンサルタント的役割を要求する場合は、ネットでは用が足りなくなります。
信頼できるマイエージェントさんを見つけることができれば、そのコンサルティング料としての5400円は価値があると思います。
つづく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)