FC2ブログ

アメリカの大学での学習2018-04-16

日本の大学選定では、入学難易度がかなり重要な位置を占めますが、アメリカの大学選択はランキングデータの果たす役割は、それほど重視されないように思います。

日本とは違いアメリカの場合、ボーディングスクール(高校)とリベラルアーツ系の大学は学びのスタイルや寮生活などが共通するところがかなりあると思います。地理的にもボーディングスクールとリベラルアーツ系の大学はアメリカの東海岸地方にとても多くあります。
ボーディングスクールからリベラルアーツ系の大学に進学する生徒たちは、学校生活が高校と大学で相似形をなし、クラスの大きさや文科系クラスのディスカッションの内容が拡大されたと感じることでしょう。

学ぶことへの真摯な態度は、学生たちのプライドといえます。

学生として学び知り得た社会とその実際は違うと日本では一般に考えられていますが、アメリカの大学においては、その状況は異なります。
社会に出てから役立つ知識を得るために、アメリカの大学では率先してインターンシップが実践されています。また、さまざまな形での企業での実習も活発です。もちろん、海外の教育機関と提携してグローバルへの対応も充実しています。その成果としての単位の認定も積極的に行われています。

アメリカの大学で学生たちが学ぶ姿勢とその実践を高校レベルよりも高めて、得ようとしているものは、一体何でしょうか。リベラルアーツというアメリカ固有ともいえる私立教育機関が目指しているものは何なのでしょうか。

結局、彼らは自分の生き方を大学で追求しているのではないかと思います。そして、社会に出て自己実現ができるために、大学生活では、徹底して読むこと、書くことを訓練されているように思います。

プレゼンテーションやスピーチなど、口頭による自己表現に加えて、社会に出てからは、文字による情報伝達がより重要になります。それを大学時代におろそかにすれば、その結果はおのずと明らかになるでしょう。

総合大学で自分がより広く、さらに深く学ぶか、リベラルアーツ系大学で、自分のやりたいことを見つけるために基礎的な学習に終始するか、いずれにしてもアメリカ人学生にとって、大学の4年間は自分の人生を納得するものにするために費やされる時間のように思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)