#3 Cardigan Mountain School 卒業式でのスピーチ2017-10-13

<昨日のブログに続きます>
アメリカ最高裁判所長官、ジョン・ロバーツ氏、
Cardigan Mountain Schoolの卒業式でのスピーチ、本題に近づきます。

導入部分-その3
It is worth trying to think why that is so. And when you do, I think you may appreciate that it was because of the support of your classmates in the classroom, on the athletic field and in the dorms. And as far as the confidence goes, I think you will appreciate that it is not because you succeeded at everything you did, but because with the help of your friends, you were not afraid to fail. And if you did fail, you got up and tried again. And if you failed again, you got up and tried again. And if you failed again, it might be time to think about doing something else. But it was not just success, but not being afraid to fail that brought you to this point.
最初の文章、why that is soですが、昨日解説した前のパラグラフを
受けています。すなわち、不安でたまらなかった新入生が、
なぜ今やなぜ母校を第二の我が家と感じるまでになったか
ということです。
ロバーツさんはクラスメートに支えられたと言い、
自信については、成功の結果ではなく、
失敗を恐れなくなったからだと言っています。
何度も何度も失敗したら、それは自分に合っていないことではないかと
立ち止まって考える時かもしれないと彼は言います。
このチャレンジ精神が君たちを強くたくましくしたのだと
ロバーツさんは結びます。

下記の2つのパラグラフは長いですね。これからが本題です。

本題-その1
Now the commencement speakers will typically also wish you good luck and extend good wishes to you. I will not do that, and I’ll tell you why. From time to time in the years to come, I hope you will be treated unfairly, so that you will come to know the value of justice. I hope that you will suffer betrayal because that will teach you the importance of loyalty. Sorry to say, but I hope you will be lonely from time to time so that you don’t take friends for granted. I wish you bad luck, again, from time to time so that you will be conscious of the role of chance in life and understand that your success is not completely deserved and that the failure of others is not completely deserved either. And when you lose, as you will from time to time, I hope every now and then, your opponent will gloat over your failure. It is a way for you to understand the importance of sportsmanship. I hope you’ll be ignored so you know the importance of listening to others, and I hope you will have just enough pain to learn compassion. Whether I wish these things or not, they’re going to happen. And whether you benefit from them or not will depend upon your ability to see the message in your misfortunes.
驚いたことにロバーツさんは、9年生(日本の中学校3年生)を
終えた卒業生諸君に、下記のようなメッセージを熱い気持ちをこめて贈ります。

君たちが差別的待遇を受けることを望む、そうすることで君たちが正義の価値を知ることになるからだ。君たちが裏切られて悩むことを望む、なぜならば君たちが信頼の重要性を認識するからだ。すまないが、時には寂しさに包まれてほしい、そうすれば友を空気のように感じることもないだろう。時には、不運にも遭遇してほしい、そうすれば人生におけるチャンスの時期を感じられる。君たちの成功はすべてが自己のなしたるものではなく、人の失敗もそのすべてがかれらのせいではないことも理解できるだろう。
君たちが負けた時、相手は君たちの失敗をなじるものだ。それが、君たちにスポーツマンシップの重要性を理解させることになる。
無視されることから、君たちは人の話に耳を傾ける重要性を認識することになる。
共感を学ぶためには、苦しみも必要だ。

好むと好まざるとにかかわらず、これらのことは起こるのだ。
そこから君たちが学べるか否かは、不運からのメッセージを読み取る
君たちの能力にかかっているのだ。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)