#2 Cardigan Mountain School 卒業式でのスピーチ2017-10-12

<昨日のブログに続きます>
アメリカ最高裁判所長官、ジョン・ロバーツ氏、
Cardigan Mountain Schoolの卒業式でのスピーチ、昨日の続きです。

導入部分-その2
Now when somebody asks me how the remarks at Cardigan went, I will be able to say they were interrupted by applause. Congratulations, class of 2017. You’ve reached an important milestone. An important stage of your life is behind you. I’m sorry to be the one to tell you it is the easiest stage of your life, but it is in the books. While you’ve been at Cardigan, you have all been a part of an important international community as well. And I think that needs to be particularly recognized.

Now around the country today at colleges, high schools, middle schools, commencement speakers are standing before impatient graduates. And they are almost always saying the same things. They will say that today is a commencement exercise. ‘It is a beginning, not an end. You should look forward.’ And I think that is true enough, however, I think if you’re going to look forward to figure out where you’re going, it’s good to know where you’ve been and to look back as well. And I think if you look back to your first afternoon here at Cardigan, perhaps you will recall that you were lonely. Perhaps you will recall that you were a little scared, a little anxious. And now look at you. You are surrounded by friends that you call brothers, and you are confident in facing the next step in your education.

今日の最初の段落(パラグラフ)の始まりが、アメリカ人特有の
ジョーク交じりで機知に富んだものとして興味深く感じます。
「カーディガンでのスピーチはどうだった」と聞かれたら、
「拍手喝采でもう大変だったよ」といきなり言ったうえで、
「2017年度生、卒業おめでとう」となります。
そして、カーディガンでの日々を忘れてはならないことを念押しします。
ロバーツさんは学校社会をinternational communityと表現しています。
多くの国からの生徒が集うということでしょうが、
私には、その中にあって、留学生にとってはアメリカ人生徒たちも個性豊かな
インターナショナルな生徒のように感じられます。

次のパラグラフでは、これからを考える時、「過去を忘れずに」ということが、
ロバーツさんの言わんとするところのように思えます。
入学初日、その午後は寂しさと怖さに圧倒され、
不安だったことを思いだしてほしい。
「その君が今、学友たちを『兄弟』と呼び、次の教育段階に
自信をもて進もうとしているのだ」という表現は、卒業生諸君の
納得を得るところと思います。
つづく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)