#4 Brewster Academy訪問2017-04-15

今回の学校訪問、最後の訪問校はBrewster Academyでした。前年の5月3日にこの学校を訪問してからほぼ1年、その劇的な変化に驚かされました。基本情報を示します。

Brewster Academy
総生徒数:352人(寮生285人、通学生67人)
学年:9年生~12年生
留学生(寮生)受け入れ学年:9年生~12年
創立年:1820年
現在の日本人生徒数:10名

この学校は、湖のほとり、ニューハンプシャー州のWolfeboroにあるのですが、アドミッションオフィスが新築された図書館の2回に移動しました。人工芝の緑が美しいフットボールフィールドも新設されました。
新たなアドミッションオフィスの受付には、ベテラン秘書のデニースさんがヘッドセットをつけて仕事をしています。400㎡はある新設アドミッションオフィスは、湖に面し、大きなピクチャーウィンドからの眺望は、とても美しく四季折々のニューハンプシャーの自然を楽しむことができます。

アドミッションオフィスが近代化されたBrewster Academyにこの学校の成長、発展を見ることができると思います。寮やダイニングホールも内装の充実が計られています。十年くらい前にこの学校を卒業した日本人生徒が、再度訪れた時は、その変化に驚くことでしょう。

生徒が増えることで、学校設備や教育内容がより拡大、充実し、更に生徒や職員が増えていくというプラスのスパイラルの頂点がテンスクールズですが、この学校もテンスクールズ並みに学校規模や実績が拡大されていく可能性は十分にあると思います。

Brewster Academyのみならず、すべてのボーディングスクールにその可能性があるとともに、もし学校運営を間違うと、学校を閉じざるを得ないという状況にもなります。

今から60年ほど前は、50校を超える数があったミリタリー系、ボーディングスクールは、現在10校程度までになってしまいました。その中で、インディアナ州にあるCulver Academyはミリタリー系学校の良い面を残しつつ驚いたことに総生徒数が814名(共学)のうち、寮生数が747名(男子432名、女子315名)というテンスクールズのうちの数校を凌駕する人気ボーディングスクールに成長しています。

未来を担うことになるティーンエイジャーたちと学校訪問をする度に私は彼らの可能性への追求は、ボーディングスクール自体の可能性の追求と共にあるように思えてなりません。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)