ニュージーランド-Columba College2017-09-25



Columba Collegeを訪問して、留学4年目を迎え、来年ニュージーランドの
大学に進学を予定している生徒と話すことができました。

高校にあたるYear11からYear13までの学年をニュージーランドで終了し、
この国の大学に進学する場合、TOEFL、IELTSといった英語力を示す
試験の結果を提出することは必要ないそうです。
その代わり、NCEAといわれるこの国独自の単位システムがあり、
その結果を大学に提出することになります。

ニュージーランドの場合、義務教育は16歳までで終了します。

Year11(日本の高1に相当)では、必須科目は、国語としての英語1科目、
数学1科目、理科1科目です。
それ以外の科目は、すべて生徒自身が選択します。
Year12では、必須科目から理科がなくなります。
そして、Year13という最終学年では、すべての科目を生徒が選択します。

ニュージーランドの大学進学を目指している今回会った生徒は、
エッセイ(読書感想文、テーマを決めた論説文等)作成しているそうですが、
A4判の用紙に2枚以上のボリュームが求められ、
その文字数は2,000字以上になるのだそうです。

Columba Collegeは統合校(Integrated)と呼ばれている種類の学校に
分類され、生徒に要求する学力は公立校(Public)よりも高いことが、
NCEAの結果を見ても明らかです。

統合校とは、私立として創立された学校で、現在は国が学校経費のうち、
先生や学校スタッフのための費用を支払うというものです。
ニュージーランドでは、完全に独立した私立学校としての初等、
中等教育機関の数は極めてその数が少なく、公立学校と統合学校が
そのほとんどです。

Columba Collegeには寮があり、日本からの単身留学生は、
11歳以上であれば、寮生として受け入れることができます。
この学校では、留学生がホームステイを選択できるのは
Year11以上の学年になってからだそうです。
つづく