ボーディングスクール-情報の公開 職員リスト2018-02-26

アメリカ、TABS加盟のボーディングスクールのウェブでは、学校職員のリストが必ずあります。単なる名前のリスティングではなく、学校での役職、担当そして、職務履歴も一般の人たちが閲覧できるようになっています。そのリストは写真付きで、職員が紹介されています。日本の学校のウェブでは、職員リストというのはみたことがありません。写真が掲載されているのは、学校トップの人たちのご挨拶、理念といったところでのみです。

ボーディングスクールの職員リスト(Faculty and Staff Directory)にはBIOというボタンがおおよそついています。BIOとはBIOGRAPHY(経歴)の略語で、そこを開くとその人がどのようは職歴を踏んできたかが簡潔に説明されています。

職員リストには、最終学歴も載せられています。

ボーディングスクールに勤務している人たち故に、多くの人がアイビーリーグをはじめとして、アメリカでも難関と言われている大学を終了していると思われがちですが、そのようが最終学歴を持つ人たちは驚くほどに少なく、公立(州立大学、コミュニティーカレッジなど)、私立の区別も日本の国立、私立に比べてそれほど顕著な傾向があるとはいえません。
学閥を作ろうにも、これだけ出身校がばらついていては、明確な基準のつくりようがありません。
また、30年、40年と一つの学校に勤務しているアメリカの就業事情でいえば、かなり珍しいといえる人たちも最終学歴と長年勤務の関係性はないようです。

ボーディングスクールのウェブでは、日本の学校ではかんがえられない程に教える人たちの個人的情報が、それも写真付きで公開されていると言っていいと思います。

学校を選択する側にとっては、とても参考になる情報です。また、職員だけでなく、学校訪問する人たちをガイドする生徒たちも、ツアー終了時に、自分の名前とメールアドレスを訪問者に手渡します。「学校について質問があれば、いつでもメールください」というのが、ボーディングスクールの訪問者に対する習慣です。

情報の公開とウェブの見せ方も日本の学校が静であり限定的であるのに対し、ボーディングスクールは動でありオープンといえると思います。